What's new
2016/5/19 2016年8月研究会(8/29-30,茨城 筑波山温泉)の発表申込を開始しました.ふるってお申込み下さい(締切6月13日).
2016/5/19 2016年7月研究会(7/26-27,大阪 関西学院大学)のプログラムを掲載しました.参加をご予定の方はご確認いただきますようお願いします.
2016/4/28 7月研究会開催場所変更のお知らせ
7月コミュニケーションクオリティ研究会は熊本市国際交流会館で開催予定でおりましたが,大阪での開催に変更させていただくことになりました.ご理解とご協力の程,何卒よろしくお願い申し上げます.
2016/4/10 コミュニケーションクオリティ(CQ)基礎セミナーの情報を掲載しました.
セミナー情報はこちら
2016/3/22 2016年5月研究会(5/24-25,福岡 九州大学)のプログラムを掲載しました.参加をご予定の方はご確認いただきますようお願いします.
2016/2/17 2016年4月研究会(4/21-22,東京 機械振興会館)のプログラムを掲載しました.参加をご予定の方はご確認いただきますようお願いします.

技報の予約講読について
電子情報通信学会では,技術研究報告の予約講読を受け付けております. こちら より申し込みを行うことができます.研究会会場でお受け取りにならなかった 場合は自動的にご指定の場所に郵送されます.ぜひご利用下さい.

2016年度 研究会開催予定
詳細な開催スケジュールは こちらをご覧ください。
開催日 開催地 テーマ 併催/連催 その他
2016年
4月21日(木)
22日(金)
機械振興会館
(東京都)
SDN(Software-Defined Networking),NFV(Network Functions Virtualization),ネットワーク仮想化,クラウド,サービス品質,コンテンツ配信,一般 CS,NV ・プログラム
・詳細情報
2016年
5月24日(火)
25日(水)
九州大学
(福岡県)
無線伝送効率,無線伝送品質,MIMO・ダイバーシチ・マルチプレキシング, 無線リソース割当,クロスレイヤ技術,一般 (単独開催) ・プログラム
・参加方法
・CQ基礎
 セミナー
2016年
7月26日(火)
27日(水)
関西学院大学大阪梅田キャンパス
(大阪府)
QoEとQoSの計測と制御,一般 (単独開催) ・プログラム
・参加方法
2016年
8月28日(日)
筑波山温泉
(茨城県)
コミュニケーションクオリティ (CQ) 学生ワークショップ (第二種研究会) 申込受付前
2016年
8月29日(月)
30日(火)
筑波山温泉
(茨城県)
無線通信品質,クロスレイヤ技術, 5G移動体通信システム・アプリケーション,無線ネットワークプロトコル設計,無線リソース割当,IoT・M2M,一般 (単独開催) ・申込受付中
(6/13締切)

・参加方法
2016年
10月6日(木)
7日(金)
JA長野県ビル
(長野県)
CQ基礎講座ワークショップ (第二種研究会) 申込受付前
2016年
11月24日(木)
25日(金)
海峡メッセ下関(予定)
(山口県)
ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般 NS,ICM,NV 申込受付前
(8月頃)
2017年
1月
大阪府(予定) 映像/音声サービスの品質、メディア品質、ネットワークの品質・QoS制御、次世代/新世代ネットワークアーキテクチャ、災害時のネットワークとコミュニケーション、一般 (単独開催)
申込受付前
(10月頃)
2016年
3月

未定 高品質映像伝送,五感メディア,食メディア,ソーシャルメディア,マルチメディア,仮想環境基礎,映像符号化, クラウド,モバイル,ネットワーク,およびこれらの品質と信頼性,一般 IMQ,MVE,IE
申込受付前
(12月頃)
なお,「未定」 の項目については現在調整中です.

2016年総合大会 依頼シンポジウムのご案内
CQ研究会では,総合大会にて2件の依頼シンポジウム講演を開催します.ご来場よろしくお願い致します.

○依頼シンポジウム講演1,開催日:3月16日 13:30〜17:05 センター2号館 2F 2208
BI-5「無線通信の物理的品質とQoE ‐WCQ への誘い‐」
趣旨 :
 2015年の総合大会では,様々な無線通信技術を考慮したシステム全体の通信品質について依頼シンポジウムを開催した. 企画内容は下位レイヤ技術のアンテナや信号処理から上位レイヤのプロトコルおよびアプリケーションまでの各分野における 最も先進的な研究者5名に各分野の通信品質について講演をしていただいた.また,講演後には,次世代の無線ネットワークや, 横断的にレイヤを跨がったクロスレイヤの必要性について,聴講者を交えたパネル形式で議論いただき,ワイヤレス通信における 総合力の重要性として一応の結論と今後の方向性について議論することができた.
 2016年の総合大会では,これらを背景に,さらに発展させた議論を行うために,無線の物理的に得られる品質と,実際に体感される 品質(QoE)のマッチングや相違に関する考察およびこれらに関する要求技術と評価方法について,依頼シンポジウムを企画する. 無線通信技術でも異なるシステム・分野で活躍する研究開発者を依頼シンポジウムとご講演いただくとともに,昨年同様に講演後に パネル形式で物理的な技術とQoEの関係をさらに深めた無線通信における新たな切り口から議論する.
【講演情報】
 三田 貴子氏(パナソニック) VoLTE のQoE を支えるQoS 制御と音声コーデック
 川嶋 喜美子氏(NTT)   モバイルサービスの品質最適化に向けたQoE 評価
 稲森 真美子氏(東海大)   スマートグリッド構築のための電力供給システムの高効率化
 松尾 綾子氏(東芝)     ボディエリアネットワークと通信品質
 大柴 小枝子氏(京都工繊大) 可視光通信の応用システムと通信品質


○依頼シンポジウム講演2,開催日:3月17日 13:30〜17:30 センター2号館 2F 2208
BI-6「ユーザの心理・通信行動とコミュニケーションクオリティ」
(共催)通信行動工学時限研究専門委員会
趣旨 :
 2013年総合大会において『ユーザと創りあげるサービス品質「共創品質」の実現に向けて』の依頼シンポジウムを開催し, サービス品質研究分野の新たな方向性について議論を重ねた.この企画の実施以降,インセンティブ,エンゲージメント等, ユーザの心理・通信行動を捉え,サービス品質の向上を目指した関連研究が盛んになってきている.これらの背景を受けて, 本シンポジウムでは,通信サービス利用者の心理・行動分析やコミュニケーションクオリティの関連分野の最新研究を共有し, ユーザにとって満足度が高い通信サービスの実現に向けて,通信行動やコミュニケーションに関する学際研究の進展を加速させる.
【講演情報】
 小野 譲司氏(青学大)  サービス・エクセレンスと顧客のロイヤルティ:
             マーケティング研究の現状と展望
 田中 沙織氏(ATR 脳情報通信総合研究所) 意思決定研究の計算論的アプローチ
 相原 健郎氏(NII)  実世界における行動の選択と誘引
 新井田 統氏(KDDI研)通信行動のモデル化とその応用
 新熊 亮一氏(京大)   モバイル環境における個人の移動を予測するシステムの研究と実験


2015年度 研究会開催実績
2015年度の研究会開催実績はこちらです.