MIRU論文集

MIRU論文集へのアクセスについて

アクセスには,アカウントとパスワードが必要です.

です.

MIRU2008 論文集

第11回 画像の認識・理解シンポジウム 2008年7月29日(火)〜7月31日(木)軽井沢プリンスホテル

MIRU2010 論文集

第13回 画像の認識・理解シンポジウム 2010年7月27日(火)〜7月29日(木)釧路市観光国際交流センター

MIRU2012 論文集

第15回 画像の認識・理解シンポジウム 2012年8月6日(月)〜8月8日(水)福岡国際会議場


MIRU2007, MIRU2009, MIRU2011

MIRU2007, MIRU2009論文集はこちら
MIRU2011論文集はこちら

著作権及び公開について

MIRU2008 論文の著作権の取り扱い(以下抜粋)

著作権は著者に帰属します。 但し、画像情報学フォーラムが

ことの許諾をして頂く必要がありますので、あらかじめ御了承ください。 許諾の手続きはカメラレディ原稿の提出時にWEB経由で行っていただきます。

MIRU2010 論文の著作権の取り扱い(以下抜粋)

著作権は著者に帰属します.但し,画像情報学フォーラムが

ことの許諾をして頂く必要がありますので,あらかじめ御了承ください.許諾の手続きはカメラレディ原稿の提出時にWEB経由で行っていただきます.

お知らせ:画像情報学フォーラムの活動停止について


From	Forum for Image Informatics in Japan
日付	2010年10月6日16:59
件名	お知らせ:画像情報学フォーラムの活動停止について

画像情報学フォーラム会員の皆様

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

日頃より,画像情報学フォーラムの活動にご支援を賜り,まことにありが
とうございます.画像情報学フォーラムは平成19年4月以来,画像情報
処理に携わる研究者の連携を深めるべく活動を続けて参りました.特に,
国際的なビジビリティを高めることを目的として,ACCV,PSIVT,
MIRU国際ワークショップ等を積極的に支援して参りました.幸いにし
て,これらの活動を通して,日本の画像情報処理研究者の連携を深めると
共に,国際的な学会活動の場におけるアクテビティ向上に貢献することが
できました.しかし,一方で,ボランティアベースの活動が,近年ますま
す増加している画像情報処理研究者の研究活動をどこまで支援できるのか
という問題にも直面してきております.

このような状況を鑑み,画像情報学フォーラムの所期の目的は達したと考
え,本フォーラムの活動を平成23年3月31日をもって停止することに
いたしました.これまでのご支援に改めて深く感謝申し上げます.なお,
画像情報学フォーラムホームページにて公開しておりましたMIRU予稿
集は,電子情報通信学会PRMU研究会,情報処理学会CVIM研究会で
管理して頂くことになりました.詳細は,別途画像情報学フォーラムホー
ムページ上でお知らせいたしますので,そちらをご覧いただきますようお
願い申し上げます.


                                 平成22年10月6日
                                 画像情報学フォーラム 代表
                                 横矢直和

(画像情報学フォーラムホームページは現在停止しておりますので、最新
情報はPRMU研究会およびCVIM研究会をご参照下さい。)